BMW 5シリーズ 改良新型、Mスポーツパッケージを目撃…テールライトが光った

BMW 5シリーズ 改良新型 Mスポーツパッケージ(スクープ写真)
BMW 5シリーズ 改良新型 Mスポーツパッケージ(スクープ写真)全 10 枚写真をすべて見る

BMWの主力モデル『5シリーズ』のLCI(Life Cycle Impulse=改良モデル)プロトタイプを、これまででもっとも軽いカモフラージュ姿でカメラが捉えた。

ドイツ市街地で信号待ちの姿を捉えた車両は、先日捉えたツーリングと同様にフロントマスクがほぼ露出している。若干ワイド化されたキドニーグリル、アウディ『TT』風LEDデイタイムランニングライトが見てとれる。

大型のハニカムメッシュのエアインテーク、リップスポイラー、顕著なトランクリッドスポイラーなどを装備しており、「Mスポーツパッケージ」の可能性が高いようだ。おそらく、フロントフェンダー後部にある黒いテープの下には、「M」バッジがあるはずだ。またテールライトの一部も露出、初めて光りが放たれている。

キャビン内では、デジタルインストルメントクラスタとインフォテインメントシステムを最新のソフトウエアでアップデートする可能性が高く、インフォテインメントシステムは大型化される見込みだ。そのほかステアリングホイールが新デザインに、トリム類の見直しも行われるだろう。

パワートレインの目玉は、『7シリーズ』に新たに設定されたPHEV、『745e』のシステム流用だ。745eは往来の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン+電気モーターではなく、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを軸にした新たなPHEVシステムへ進化している。システム合計の最高出力は389psだが、新たに加わる「545e xDrive」ではデチューンされ、最高出力375ps、EV走行は25kmと予想される。

5シリーズLCIの登場は2020年後半となるだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ