パイオニア新社長、顧問の矢原史朗氏が就任へ

パイオニアの新社長に就任する矢原史朗氏
パイオニアの新社長に就任する矢原史朗氏全 1 枚写真をすべて見る

パイオニアは、11月28日開催の取締役会にて、同社顧問の矢原史朗氏が2020年1月1日付で代表取締役兼社長執行役員に就任する役員人事を決議した。

パイオニアは昨年12月、香港の投資ファンドであるベアリング・プライベート・エクイティ・アジア(BPEA)と総額約1020億円の「パイオニア再生プラン」に合意。BPEAは770億円を出資するとともに、現株主から約250億円で株式を買い取り、パイオニアを完全子会社化する。同社の支援を受け、短期間で財務基盤の強化や、収益性とキャッシュ・フローを改善し、新体制を構築。今後は、新たな経営体制のもとで、持続的な成長を目指していく。

新社長に就任する矢原史朗氏は、伊藤忠商事やGEグループでキャリアを積み、ベインキャピタルジャパンでは様々な事業会社のトップを歴任。また、直近では、産業ガスの大手メーカーである日本エア・リキードの社長を5年間務めるなど、事業会社のトップとして事業変革に携わった豊富な経験を持つ。

なお、森谷浩一現社長は、代表権を有さない取締役に就任し、新社長をサポートしていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」(参考画像)
  • パイオニアの3D-LiDARセンサー(標準タイプ)
  • パイオニアは3D-LIDARでITS世界会議2019に参加。車両は自動運転のソフトウェアを開発するベンチャー企業「Moovita」とシンガポールの公共機関「SMRT」と協業した
  • 群馬大学の自動運転バス車両に搭載されたパイオニア製3D-LiDARセンサー
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 スクープ写真
  • BMW 4シリーズ 次期型プロトタイプ。ついに巨大グリルの存在を捉えることに成功(スクープ写真)
  • VW キャディ 次期型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/12/02/329399.html/article/2019/12/02/329398.html/article/2019/12/02/329400.html