道のりが豊かな時間になるトヨタ RAV4…藤島知子【日本カーオブザイヤー2019-2020】

トヨタRAV4
トヨタRAV4全 5 枚写真をすべて見る

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」の最終選考会6日、東京都内で行なわれ、トヨタ『RAV4』が“今年の1台”に決まった。選考委員でモータージャーナリストの藤島知子氏はRAV4に10点を投じた。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2019-2020では、トヨタRAV4が436点でイヤーカーに選ばれた。『マツダ3』が328点で次点、3位はBWM『3シリーズ』の290点だった。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された藤島氏のコメント。

☆☆☆

トヨタの新世代のクルマづくり「TNGA」を採用して作られたRAV4。頼もしいイメージと都会的な表情をもつクロスオーバーSUVとして2世代ぶりに日本市場に復活を遂げた。

走り出すや否や、運転者も同乗者も乗り味のよさにグッときてしまうこともさることながら、4輪駆動のシステムは3種類を設定。ユーザーがクルマを使うスタイルで選べるようになっている。スタイル、居住空間、実用性をバランスしたパッケージは、休日にレジャーに出掛ける道のりが豊かな時間となりそうだ

☆☆☆

全投票点数(掲載はノミネート番号順)
トヨタ・カローラ/カローラツーリング:3点
トヨタRAV4:10点
マツダ3:4点
BMW3シリーズセダン:4点
ジャガー I-PACE:4点

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ RAV4 アドベンチャー(アッシュグレーメタリック×シアンメタリック)
  • トヨタ ハイランダー
  • トヨタ RAV4 PHV
  • トヨタ RAV4 プライム(日本名:RAV4 PHV に相当)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ