RAV4 がまた新たな潮流をつくるのか…九島辰也【日本カーオブザイヤー2019-2020】

トヨタ RAV4
トヨタ RAV4全 12 枚写真をすべて見る

第40回「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」では、トヨタ『RAV4』が今年を代表する一台に選ばれた。60名の有識者からなる選考委員が選ぶ日本カーオブザイヤーの、今年の1台「カーオブザイヤー」の部門では3年ぶりとなる国産車の受賞となった。

選考委員を務め、今回RAV4に10点満点をつけた九島辰也氏のコメントを日本カーオブザイヤーHPより抜粋し、下記に掲載する。

☆☆☆

時代がクロスオーバー方向へ進むSUV業界において、あえてのオフローダーテイストのコンセプトには驚かされました。しかも、実際のオフロードでの実力もそれなりにありますし、一般道や高速道ではクロスオーバーに負けない快適さも合わせ持ちます。

さらにいうと、アメリカを筆頭にすでに販売台数も好調に伸びているとか。ということは、マーケットはこの方向を欲していたのでしょう。それらを鑑み、RAV4がまた新たな潮流をつくるような気がします。

☆☆☆

九島氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
トヨタ RAV4:10点
マツダ MAZDA3:6点
BMW 3シリーズ セダン:5点
ジャガー I-PACE:3点
メルセデスベンツ Aクラス/Aクラス セダン:1点

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2019-2020では、トヨタRAV4が436点でイヤーカーに選ばれた。『マツダ3』が328点で次点、3位はBWM『3シリーズ』の290点だった。

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

この記事の写真

/

ピックアップ