ファイターズ移転、千歳線に新駅を建設へ…開業は最短でも移転後の2027年度末

新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。
新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。全 5 枚写真をすべて見る

JR北海道は12月11日、プロ野球・北海道日本ハムファイターズ(ファイターズ)の本拠地移転に伴ない、千歳線北広島~上野幌間に建設が請願されている新駅の概要を明らかにした。

現在、札幌市豊平区の札幌ドームを本拠地としているファイターズは、2023年シーズンを機に北広島市の「きたひろしま総合運動公園」内に建設される仮称「北海道ボールパーク」(BP)へ移転することになっているが、これに伴なう観客輸送対策が喫緊の課題となっている。

北広島市では鉄道利用者が観客全体の39%にあたる1万3500人と見ており、北広島駅からBPまでは徒歩で20分程度を要することから、JR北海道に対してBP最寄りの新駅設置を請願していた。

これに対してJR北海道は当初、北広島駅の整備で対応し、新駅設置については調査・検討するとしていたが、このほど新駅の概要がまとまり、北広島市へ提出された。

それによると、構内は待避線を含む1面4線で、ホームは島式。始発列車の設定にも対応できるよう引上げ線を設けるとしている。

駅部分の工事費は80~90億円が見込まれており、JR北海道では請願駅のため工事費は北広島市の負担としているが、今後は負担割合について協議が行なわれる模様。

工期は設計や行政手続きなどを含めて7年程度を見込んでいるため、2020年度中に意志決定されたとしても、開業は移転後の2027年度末とされている。JR北海道では「北海道新幹線札幌開業など、他の案件との調整によって、工期は延びる可能性があります」としており、当面、北広島駅を改修してアクセス駅とする方針だ。

同駅の改修は2020年9月頃から2022年12月頃まで行なう計画で、下りホームの延伸や自動改札機の移設・増設、レイアウトの変更、エレベーター改札口の新設といった内容が盛り込まれている。

こちらは9億円程度の費用が見込まれているが、エレベーター改札口以外はJR北海道が負担するとしている。改修された設備は順次使用を開始するが、全面的な使用は、BPの開業時期を見込んでいる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。

ピックアップ

Response.TV