巨大グリルがついに見えた!これがBMW『4シリーズクーペ』新型だ

BMW 4シリーズ 次期型プロトタイプ。ついに巨大グリルの存在を捉えることに成功(スクープ写真)
BMW 4シリーズ 次期型プロトタイプ。ついに巨大グリルの存在を捉えることに成功(スクープ写真)全 16 枚写真をすべて見る

BMWの2ドアクーペ『4シリーズ』次期型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュが薄い状態でカメラが捉えた。世界が注目する新キドニーグリルがついに露出。偽装ネットの下には、『コンセプト4』で見られた巨大ラジエーターグリルが初めて透けて見えている。

このデザインには賛否両論が起こっているが、コンセプトモデルほど巨大ではないことも発覚。安堵するコアファンも多いのではないだろうか。よく見ると曲線が多く、コンセプトで見せたデザインとは対照的にグリルの幅が広くなると予想される。

このほかエクステリアでは、ハーフカップ型LEDデイタイムランニングライトを装着、リアエンドでは、波打つグラフィックのテールライトの一部やツインエキゾーストパイプ、バンパーサイドには、エアアウトレットが初めて確認できた。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボエンジン、最高出力258psを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ、最高出力388ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジン、さらにはプラグインハイブリッドの設定も濃厚と言えそうだ。

先日『M4 GT3』レーサーのティザーイメージが公開され、2020年後半にデビューすることが発表されたが、ベースとなる4シリーズ新型はそれに先駆け2020年6月にもオンラインデビューが予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ