これがケーニグセグ『ジェスコ』…5.0リットル・ツインターボV8、1600hp[詳細画像]

ケーニグセグ・ジェスコ
ケーニグセグ・ジェスコ全 28 枚写真をすべて見る

ZOZO創業者の前澤友作氏が「子どものミニカー感覚」とYoutubeでコメントして話題となったケーニグセグ『ジェスコ』(またはイェスコ)は、ジュネーブモーターショー2019で発表されたスーパーカーだ。

究極のパフォーマンスを求める顧客のために、サーキットでの性能を第一に開発された、公道走行可能な車だ。2ドア2シーター、着脱式ハードトップを備える。ケーニグセグでは『アゲーラRS』の後継になる。

ジェスコのエンジンは5.0リットル・ツインターボV8。ガソリンで1280hp、E85バイオフューエルでは1600hpを発揮する。トランスミッションは“光速に近い”速度で変速できるとケーニグセグが謳う「9速ライトスピード・トランスミッション(LSP)だ。後輪にはアクティブ・ステアリング機能が搭載された。

空力特性については研究されており、ダウンフォースは1000kgを発生する。シャシーは炭素繊維製で、アゲーラと比較してレッグルームとヘッドルームが増え、視界が改善された。全長4610mm×全幅2030mm×全高1210mm、ホイールベースは2700mm。

車名のジェスコはケーニグセグの創業者で現CEO、クリスティアン・フォン・ケーニグセグの父親の名前だ。ジュネーブモーターショー2019にも姿を見せた。なお「Jesko」の発音は、ジュネーブモーターショー2019でのプレゼンテーションで、司会者は「ジェスコ」と発声したが、息子のクリスティアンは「イェスコ」と発声している。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ