マルチスズキ初の小型商用車『スーパーキャリイ』、5万台を販売…発売3年以内

スズキ・スーパーキャリイ(インド仕様)
スズキ・スーパーキャリイ(インド仕様)全 4 枚写真をすべて見る

スズキのインド子会社のマルチスズキは、同社初の小型商用車の『スーパーキャリイ』(Maruti Suzuki Super Carry)が、発売から3年以内で5万台の販売を達成した、と発表した。

インド向けのスーパーキャリイには、パワフルな793cc 2気筒ディーゼルターボエンジンを搭載する。広い荷台と取り回ししやすく安定性に優れた車体、長距離運転でも快適な広い室内を備え、商用車としての実用的な使い勝手を高めている。

スーパーキャリイは、2016年秋の発売から2年で、インド国内販売2万台を達成した。最初の1万台の達成には18か月を要したが、次の1万台の販売は6か月以内に到達した。そこから3万台を上乗せし、5万台を達成するのに要した期間は、およそ1年という人気車種となっている。

スーパーキャリイは、マルチスズキのハリヤナ州グルガオン工場で生産を行う。インド国内におよそ250拠点のネットワークを擁するマルチスズキの商用車専売ディーラーを通じて、販売されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ・スウェイス
  • スズキ スペーシア 車いす移動車 ハイブリッドX(オフブルーメタリック)
  • スズキ ハスラー「ハイブリッドXターボ4WD」で千葉~栃木・那須の約600kmを走行。その走りや機能性をチェックした
  • スズキ・イグニス 改良新型(インド仕様)の発表会。右がマルチスズキの鮎川堅一社長兼CEO
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ