千葉都市モノレールの0形車両にマイナーチェンジ車…眺望性と安全性が向上した新0形 12月25日から運行

2012年に登場した0形「アーバンフライヤー」。写真は既存車両。
2012年に登場した0形「アーバンフライヤー」。写真は既存車両。全 5 枚写真をすべて見る

千葉県の千葉都市モノレールは12月19日、0形車両のマイナーチェンジ車を12月25日から営業運行すると発表した。

0形は2012年に登場した1000形の後継車両。VVVFインバータ制御が採用され、バリアフリーに対応。「アーバンフライヤー」の愛称が付けられている。

今回登場するマイナーチェンジ車は6次車に相当する「新0形アーバンフライヤー」と呼ばれるもので、従来の0形と比べて眺望性や安全性が向上しているという。2両編成2本が順次投入される。

なお、営業運行に先がけて、12月24日13時30分~15時には2号線動物公園駅(千葉市若葉区)2・3番線ホームで内覧会が開催される。

新0形の車内。座席をローバック式とすることで眺望性を確保したほか、安全性を高めるため手すりを増設。車内照明はLEDに。新0形の車内。座席をローバック式とすることで眺望性を確保したほか、安全性を高めるため手すりを増設。車内照明はLEDに。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ