千葉都市モノレールの0形車両にマイナーチェンジ車…眺望性と安全性が向上した新0形 12月25日から運行

2012年に登場した0形「アーバンフライヤー」。写真は既存車両。
2012年に登場した0形「アーバンフライヤー」。写真は既存車両。全 5 枚写真をすべて見る

千葉県の千葉都市モノレールは12月19日、0形車両のマイナーチェンジ車を12月25日から営業運行すると発表した。

0形は2012年に登場した1000形の後継車両。VVVFインバータ制御が採用され、バリアフリーに対応。「アーバンフライヤー」の愛称が付けられている。

今回登場するマイナーチェンジ車は6次車に相当する「新0形アーバンフライヤー」と呼ばれるもので、従来の0形と比べて眺望性や安全性が向上しているという。2両編成2本が順次投入される。

なお、営業運行に先がけて、12月24日13時30分~15時には2号線動物公園駅(千葉市若葉区)2・3番線ホームで内覧会が開催される。

新0形の車内。座席をローバック式とすることで眺望性を確保したほか、安全性を高めるため手すりを増設。車内照明はLEDに。新0形の車内。座席をローバック式とすることで眺望性を確保したほか、安全性を高めるため手すりを増設。車内照明はLEDに。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  2. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  3. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  4. 空冷ポルシェで1台2億円!? マニア垂涎『シンガー911 DLS』とは
  5. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
  6. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  7. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  8. コロナ禍でタクシー移動の浮気増加…探偵がバイクで追跡
  9. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  10. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
ランキングをもっと見る