光岡の3輪EV『ライク-T3』、東京都の災害現場で活躍へ

光岡 ライク-T3
光岡 ライク-T3全 3 枚写真をすべて見る

光岡自動車は12月20日、「災害現場における初期対応の迅速化」を実現する車両として、3輪電気自動車(EV)『ライク-T3』が東京都に採用されたと発表した。

ライク-T3は小型で取り回しもよく、最大100kgまで積載可能な2人乗りの3輪EV。車検や車庫証明がなく、シートベルトやヘルメットの着用義務もない、普通免許で運転できる「軽自動車と原付の中間」という位置付けになる。その手軽さから、ハウステンボスでの施設管理や、オフィスグリコの置き菓子サービス、各地市場内の配達運搬、有馬温泉や高野山などの観光地における周遊観光業にも利用されている。

今回、トライク-T3は、東京消防庁に新設される「ファーストエイドチーム」に採用。小池都知事は、令和元年第4回都議会定例会での所信表明で、災害現場における初期対応の迅速化に向けて、機動性と環境性に優れた電動トライクを活用すると発表した。

なお車両は既に完成し、2020年1月6日に行われる、東京消防出初式の会場で「ファーストエイドチーム」発隊式とともに披露される。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV