ダイハツ、軽クロスオーバー『タフト・コンセプト』世界初出展へ…東京オートサロン2020

ダイハツ TAFTコンセプト
ダイハツ TAFTコンセプト全 10 枚写真をすべて見る

ダイハツは、2020年1月10日から12日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」にて、軽クロスオーバー『TAFT(タフト)コンセプト』を世界初出展する。

TAFTコンセプトは、「Tough & Almighty Fun Tool」をコンセプトに、2020年央発売に向けて開発を進めている、日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバー。開放感あふれるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間など、毎日を楽しくしてくれるアイテムを多く採用している。

ダイハツのブーステーマは、昨年に引き続き「遊びゴコロをみんなのものに。」。TAFTコンセプトのほか、コンパクトSUV『ロッキー』、軽オープンスポーツカー『コペンGRスポーツ』、軽乗用車『タント』をベースとしたコンセプトカー等を出展。さらに軽商用車『ハイゼットトラック』では、アウトドア雑誌「ピークス」とコラボレーションするなど、それぞれの持つ世界観を生かしながら、遊び心を刺激するカスタマイズ車両を出展する。

さらにダイハツブースでは、カスタマイズの楽しさをより身近に感じてもらう仕掛けとして、漫画家の田中むねよし氏を迎え、TAFTコンセプトを題材に、来場者と田中氏がコミュニケーションをしながら、その場でイラストを描く「ライブ・ドローイングショー」を実施する。

また、ダイハツの社名の由来である「発」動機にちなんで、「エンジン組立チャレンジ」コンテンツを用意。ダイハツエンジニアのサポートによる本物のエンジンパーツを用いた組立体験を通じて、幅広い来場者にクルマをより身近に親しんでもらうブースとする。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ