緊急時、無人航空機が自律的に危険回避 NEDOやスバルなどが技術実証

飛行実証試験のイメージ
飛行実証試験のイメージ全 2 枚写真をすべて見る

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とSUBARU(スバル)、日本無線、日本アビオニクス、三菱電機、自律制御システム研究所は、無人航空機が緊急時でも自律的に危険を回避できる技術を実証する飛行試験を、12月16日から24日まで三河湾海上で実施した。

無人航空機は、すでに農業分野などで利用が広がっているほか、災害時の物資運搬や遭難者捜索、物流インフラなどの用途が期待されている。しかし、離島間物流のように、地上から経路を指示できる通信インフラが整備されていない状況下では、無人航空機がさまざまな緊急事態へ自律的に対応できる技術の実用化が不可欠となる。

今回の実証実験では、離島での無人航空機の運用を想定し、飛行中に故障や燃料残量の減少、悪天候を検知した場合、無人航空機が自らの判断で経路を変更し、事前に設定された緊急着陸地点まで飛行する機能を検証。中型の無人航空機に準天頂衛星システムからの信号を受信する測位受信機を搭載し、故障や燃料警告、悪天候の模擬情報に基づき自律的に経路を変更して飛行できるかを確認した。

実証実験の結果、故障や燃料残量の減少、悪天候の情報により、無人航空機が事前にプログラムされた飛行経路から自律的に経路を変更し、準天頂衛星システムを利用した高精度測位情報を用いて、事前に設定された緊急着陸地点まで飛行することを確認。これにより、離島間物流のように、地上と無人航空機間の通信インフラが十分に整備されておらず、緊急時の回避経路の指示などの地上からの支援が受けられない状況下でも、無人航空機を安全に運用することが可能になる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル インプレッサ STIスポーツ
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • スバル レヴォーグ GT-H(プロトタイプ)
  • スバル・レガシィ(米国仕様)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ