スバル、新型 レヴォーグ に STIスポーツ…東京オートサロン2020でプロトタイプを公開へ

新型レヴォーグ プロトタイプ STIスポーツ
新型レヴォーグ プロトタイプ STIスポーツ全 2 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は、2020年1月10日から12日まで幕張メッセで開催される東京オートサロン2020に出展、新型『レヴォーグ・プロトタイプSTIスポーツ』を初公開する。

新型レヴォーグは、フルインナーフレーム構造を組み合わせた「SUBARU GLOBAL PLATFORM」や、新開発1.8リットル水平対向直噴ターボエンジン、新世代アイサイトなど、最先端技術を結集。自動運転化が進むモビリティ社会にて、「誰もが自分の意志で、運転をどこまでも愉しめる未来」を実現するパフォーマンスワゴンとして開発し、東京モーターショー2019でプロトタイプを初公開した。

今回初公開する新型レヴォーグ・プロトタイプSTIスポーツでは、スバルとSTIが一丸となり、新型レヴォーグの持つポテンシャルを最大限に引き出すことで、さらなる走りの愉しさをもたらす「SUBARUの走りの未来」を提示する。

また、『BRZ STIスポーツ』と『WRX S4 STIスポーツ』のカスタムコンセプトも展示し、スバルとSTIならではの走りの愉しさを提案するほか、2019年にクラス連覇を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車「WRX STI NBR CHALLENGE 2019」、SUPER GT参戦車「SUBARU BRZ GT300 2019」と、WRX STI全日本ラリー2019参戦車を展示する。

スバル ブースイメージスバル ブースイメージ

そのほか期間中は、新型レヴォーグ開発責任者の五島賢氏とSTI 辰己英治総監督による「新型レヴォーグ SUBARU×STIトークショー」や、「モータースポーツドライバーズトークショー」を開催する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

スバル レヴォーグの燃費はこちら!

ピックアップ