JR東海道線 御厨駅北口に「ヤマハ発動機Revsサークル」誕生 2020年3月

調印式の様子(左:渡部修 磐田市長、右:ヤマハ発動機 日高祥博社長)
調印式の様子(左:渡部修 磐田市長、右:ヤマハ発動機 日高祥博社長)全 4 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は12月25日、2020年3月に開業予定のJR東海道線の新駅“御厨駅(静岡県磐田市)"北口広場のネーミングライツ(命名権)契約を磐田市と調印した。

これにより北口広場のネーミングは「ヤマハ発動機Revsサークル(レヴズ サークル)」となり、2020年3月7日から使用される。また今回のネーミングライツ取得に合わせ、御厨駅北口広場ロータリー中央に「愛称名板モニュメント」の設置も予定している。

御厨駅は、ヤマハ発動機従業員のほか、近隣住民、ヤマハスタジアム来場者、同社企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」来場者などの利用も多いと想定される。同社はそういった利用者へのイベントの告知やジュビロ磐田に関する情報発信などを通して、地域に貢献したいという思いからネーミングライツへ応募し、磐田市との合意に至った。

またネーミングは、同社のブランドスローガンである「Revs your Heart(レヴズ ユア ハート)」から、エンジンの回転を上げるように、心躍る瞬間、最高の経験を届けたいという思いをこめた「Revs」と、同社がこれまで大切にしてきたユーザーの共感、地域や社会との共存、地球環境との共生の意味をこめた「サークル」から、「ヤマハ発動機Revsサークル」と命名した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS
  • ヤマハ トリシティ300 ABS
  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ

ピックアップ

Response.TV