【ダイハツ ロッキー 新型まとめ】ただのコンパクトSUVと侮るなかれ…デザインや価格、試乗記

ダイハツ・ロッキー
ダイハツ・ロッキー全 8 枚写真をすべて見る

ダイハツの新世代のクルマづくりシステム「DNGA」採用の第二弾となる、新型コンパクトSUV『ロッキー』。コンパクトな5ナンバーサイズでありながらも、大容量で使い勝手の良い室内が売り。トヨタにOEM供給され、『ライズ』としても販売される。

目次

  1. 開発責任者「ダイハツならではの新ジャンルのコンパクトSUV」
  2. DNGA第2弾のコンパクトSUV、価格は170万5000円より
  3. 【試乗】このクルマ、全方位的に隙が無い…中村孝仁
  4. ロッキーはSUVらしく、ライズはトヨタらしく[デザイナーインタビュー]
  5. インテリアがコンセプトカーから大きくイメチェンした理由[デザイナーインタビュー]
  6. 【450km試乗】「これ1台でOK」を実現した低価格&普通車SUV、売れるのも道理だ

開発責任者「ダイハツならではの新ジャンルのコンパクトSUV」

ダイハツ工業は11月5日、新型コンパクトSUV『ロッキー』を発売した。一括企画開発手法DNGAの第2弾となるモデルで、1リットル3気筒ターボエンジンを搭載する。トヨタ自動車には『ライズ』のモデル名でOEM供給し、同時発売された。

ダイハツ工業の大野宣彦エグゼクティブチーフエンジニアは「コンパクトSUVの中で荷室もちゃんと使えて、室内も広いというのはなかなか少なかった。例えば『タント』や『ムーヴ』のように、決められた寸法の中で室内を広くするというところは私どもの得意とする分野なので、それを生かそうと考えた」とした上で、「DNGAの技術でこれまでにないダイハツならではの新ジャンルのコンパクトSUVを企画、開発した」と話す。

[続きを読む]

開発責任者「ダイハツならではの新ジャンルのコンパクトSUV」 画像

  • ダイハツ・ロッキー
  • ダイハツ・ロッキー
  • ダイハツ・ロッキー
  • ダイハツ・ロッキー
  • ダイハツ・ロッキー
  • ダイハツ・ロッキー

DNGA第2弾のコンパクトSUV、価格は170万5000円より

ダイハツは、新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」の第2弾商品となる新型コンパクトSUV『ロッキー』を11月5日から発売する。

DNGAによる新技術は、CASEへの技術対応とスピーディな商品ラインナップ拡充を同時に実現するために「一括企画開発」の手法を取り入れ、プラットフォームの構成要素を同時刷新するもの。2019年7月にフルモデルチェンジした軽自動車、新型『タント』で初めて搭載し、ロッキーはコンパクトカーとしては初の商品。また、DNGA商品としては初めてトヨタ自動車のラインアップに加わるモデルとなる。

[続きを読む]

DNGA第2弾のコンパクトSUV、価格は170万5000円より 画像

  • ダイハツ・ロッキー
  • ダイハツ・ロッキー
  • アンダーラゲージ
  • ダイハツ・ロッキーG、インパネ
  • ダイハツ・ロッキーG、シート
  • ダイハツ・ロッキー、エレガンススタイル

【試乗】このクルマ、全方位的に隙が無い…中村孝仁

「ロッキー」の名に違和感を覚えるのは…

このクルマと初めて出会ったのは東京モーターショーでのこと。すでに試乗会の案内が来ていたのだが、「新型車」としか書いておらず、名前は伏せられていた。

[続きを読む]

【試乗】このクルマ、全方位的に隙が無い…中村孝仁 画像

ダイハツ ロッキーダイハツ ロッキー

ロッキーはSUVらしく、ライズはトヨタらしく[デザイナーインタビュー]

コンパクトSUVのダイハツ『ロッキー』とトヨタ『ライズ』は兄弟車であるが、開発に関しては主にダイハツで行われた。そこでデザイン上ではどのようなやり取りがトヨタと行われたのか。担当デザイナーに話を聞いてみた。

トヨタと意見交換をしながら

「ある程度ダイハツ側のボディデザインができてからトヨタの開発に入った」とは、ダイハツDNGAユニット開発コネクト本部デザイン部第1デザイン室国内スタジオ主担当員の奥野純久さんの弁。「トヨタの考え方とラインナップとしての位置付けがあるので、トヨタデザインとも意見交換しながら進めた」という。

[続きを読む]

ロッキーはSUVらしく、ライズはトヨタらしく[デザイナーインタビュー] 画像

  • ダイハツ ロッキー(上)とトヨタ ライズ(下)のフロントマスク
  • ダイハツ ロッキー
  • ダイハツ ロッキー(左)とトヨタ ライズ(右)
  • ダイハツ ロッキー
  • ダイハツ ロッキー
  • ダイハツ ロッキー

インテリアがコンセプトカーから大きくイメチェンした理由[デザイナーインタビュー]

ダイハツ『ロッキー』のインテリアは、コンセプトカー『DN TREC』をベースとしながらも、センターコンソールを高く配するなど様々なデザイン上の工夫が凝らされている。そこで、デザインを取りまとめたダイハツDNGAユニット開発コネクト本部デザイン部第1デザイン室国内スタジオ主担当員の奥野純久さんに話を伺ってみた。

[続きを読む]

インテリアがコンセプトカーから大きくイメチェンした理由[デザイナーインタビュー] 画像

ダイハツロッキー インテリアファイナルスケッチ案ダイハツロッキー インテリアファイナルスケッチ案

【450km試乗】「これ1台でOK」を実現した低価格&普通車SUV、売れるのも道理だ

ダイハツのミニSUV『ロッキー』で450kmほどショートツーリングを行う機会があったので、インプレッションをお届けする。

ロッキーは全長4m級の5ナンバーサイズミニSUVである。大きさ的にはBセグメントだが、ダイハツ開発陣はAセグメントの認識。軽自動車用の新世代アーキテクチャ「DNGA」を使うことで短期間、低コストで開発したのが特徴。

[続きを読む]

【450km試乗】「これ1台でOK」を実現した低価格&普通車SUV、売れるのも道理だ 画像

  • 凹凸の大きな箇所ではではサスペンションストロークの小ささが気になるものの、未舗装路も結構いけるダイハツロッキー
  • ダイハツ ロッキー「X」FWDのフロントビュー。
  • ダイハツ ロッキー「X」FWDのリアビュー。
  • ダイハツ ロッキー「X」FWDのサイドビュー。
  • フロントフェイス。OEM供給先のトヨタ『ライズ』とは顔の印象が結構異なる。
  • テールエンド。小さいクルマだが小さく見せない、なかなか巧みなデザインだった。

《滑川寛》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV