スバル ゲレンデタクシー、今年も苗場とエコーバレーで開催 1月18日から

スバルゲレンデタクシー2019
スバルゲレンデタクシー2019全 3 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は、雪上走行体験イベント「スバル ゲレンデタクシー2020」を、2020年1月18日・19日に苗場スキー場(新潟県)で、2月1日・2日にエコーバレースキー場(長野県)でそれぞれ開催する。

スバル ゲレンデタクシーは、通常は車で走ることのできないスキー場ゲレンデ内で、リフトの代わりにスバルのSUVシリーズ(XV/フォレスター/レガシィ アウトバック)に乗車し、ゲレンデを駆け上ることで、その優れた雪上走行性能を体験できる。

2014年から開催し7回目となる今回も、国内最大規模のゲレンデである苗場スキー場と、昨年に引き続き史上最長となる往復約2kmのコースを走破するエコーバレースキー場の2 会場で開催する。

ゲレンデタクシーの乗車方法は、イベント会場受付の展示車両と一緒に写った写真をSNSSに「#ゲレンデタクシー」というハッシュタグと共に投稿。スマホを見せるだけで誰でも乗車できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォレスター用『DIATONE SOUND.NAVI』のビルトインモデル。
  • 新型レヴォーグに装着できるディーラーオプションナビ。画面サイズは9V型
  • スバル XV
  • スバル・クロストレック ( XV に相当)のスポーツ
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV