パナソニック、V2Xシステムや次世代コクピットなどを紹介予定…CES 2020

パナソニック(CES 2020) 《photo (c) Getty Images》
パナソニック(CES 2020) 《photo (c) Getty Images》全 3 枚写真をすべて見る

パナソニックは、1月7日から10日まで米ラスベガスで開催される「CES 2020」に出展。暮らしをアップデートしていく姿について「Immersive Experiences」「Smart Mobility」「Intelligent Living Spaces」の3エリアで紹介する。

そのうちのSmart Mobilityエリアでは、通信・IoT技術を駆使したモビリティサービスを支える新しい技術を紹介し、自動運転時代の新たなサービスを提案する。

V2X(Vehicle-to-Everything)システムは、車両同士または車両と路側機とが通信することで、安全性を高めるとともにCO2排出量および渋滞を削減。また交通管理機関に交通情報をリアルタイムに提供することで、ルートの再検索や救急車両の手配といったサービスを提供する。また、小型電動自動車ベンチャーのTROPOSとパナソニック独自クラウドサービス「OneConnect」、HUSSMANの温度管理や遠隔監視技術などでコラボレーションした、小型電動冷凍冷蔵自動車のコンセプトモデルなどを紹介する。

また、エンターテインメント性を高めた次世代コックピットは、IVIシステムの第3世代SkipGen3.0とコックピットドメインコントローラーSPYDR3.0により、IVI(センターディスプレー)、ヘッドアップディスプレー(HUD)、助手席・リアシートディスプレーなど、複数画面をコントロール可能。衛星ラジオやオンライン動画・ゲームと連携させることで、車内空間のエンターテインメント性を高める。

二輪では、ハーレーダビッドソンが北米で初投入する電動バイク「LiveWire」で提供するコネクティッドサービスにて、通信ユニット(TCU)およびパナソニック独自クラウドサービス「OneConnect」を活用したシステムソリューションを提供。ブースでは、パナソニックが提供するシステムソリューションの概要と、バッテリー使用残量把握や盗難時の追跡など、ライダーが利用できるさまざまなサービス例を紹介する。

航空機関連では、次世代機内サービスのプラットフォーム「NEXT」を紹介する。機内での快適なフライト体験をサポートするコンセプトシートや、4Kの高精細地図サービス、旅先のレストランやツアーの予約が可能なECサービスなどを紹介。また、空港やショッピングモールなどの人の往来が多い場所でも、目的地まで安全・安心に人を乗せて自律移動が可能なモビリティサービス「Robotic Mobility and Accessibility Solutions」を紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パナソニックの梅田博和CFO
  • 新型ジェッター
  • パナソニック“ゴリラ”の進化が止まらない!さらに機能が充実した驚きのPND登場
  • トヨタ・ハリアー新型
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ