パイオニア、先進安全運転支援システムやクラウド型運行管理サービスなど紹介予定…オートモーティブワールド2020

クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」
クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」全 2 枚写真をすべて見る

パイオニアは、2020年1月15日から17日まで東京ビッグサイトで開催される「第8回コネクティッドカーEXPO(第12回オートモーティブワールド内)」に出展する。

コネクティッドカーEXPOは、IoTソリューションやサイバーセキュリティ、ビッグデータ解析技術、テレマティクスサービスなど、コネクティッドカーに関するサービスやシステムが一堂に出展するクルマの先進技術展。パイオニアブースでは、先進安全運転支援システム「インテリジェント パイロット」や、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」を展示し、安心・安全な自動車社会を実現するためのソリューションやサービスを紹介する。

インテリジェントパイロットは、デジタル地図データやプローブデータ、事故発生地点、天候などの各種データと、ドライバーの運転傾向などから事故のリスクをリアルタイムに予測し、事故リスクが高い場合のみ注意喚起・警告を行う先進安全運転支援システムだ。ソフトウェア開発キット「Intelligent Pilot SDK」を使えば、ドライバーごとの潜在的なリスクまで診断する「ユアスコアリング」などをスマートフォンでも使用可能。さらに専用通信型ドライブレコーダーと組み合わせることで、より高度な運転支援が可能になる。

ビークルアシストは、パイオニア製のカーナビゲーションや通信ドライブレコーダーを通信回線でサーバーと接続し、車両の動態管理、メッセージによる業務指示や運行コースの送信・進捗管理のほか、危険運転の把握や自動日報作成など高度な運行管理・支援を行えるサービス。手軽に導入できるパッケージサービスに加え、業務管理などのクラウドサービスと連携できるWeb APIサービスを提供している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ドライブレコーダー+(2カメラ)
  • カロッツェリアが公式サイトで公開したティザーバナー
  • ひたちBRT
  • 通信ドライブレコーダー TVRC-DH500-RC
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV