日産、新たな電動駆動四輪制御技術を「e-4ORCE」と命名…CES 2020

日産アリア・コンセプト
日産アリア・コンセプト全 7 枚写真をすべて見る

日産自動車は1月8日、新たな電動駆動四輪制御技術を「e-4ORCE(イーフォース)」と命名、米国ラスベガスで開催中のCES 2020にて、e-4ORCE搭載の電動SUV『アリア・コンセプト』を展示している。

e-4ORCEの「e」は、100%電気自動車(EV)の電動駆動に由来、「4ORCE」は、物理的なパワーとエネルギーに四輪駆動の「4」を掛け合わせた。e-4ORCEは、『GT-R』のATTESA E-TS電子制御トルクスプリット四輪駆動システムおよび『パトロール』のインテリジェント4×4システムの開発実績を通じて誕生。EVのスムーズで安定した出力とブレーキ性能の実現を目的に開発した。

e-4ORCEは、フロントモーターに加え、リアモーターの回生ブレーキも併せて活用することで、渋滞時でも揺れの少ない快適な走行を実現。凹凸のある路面や加速時には、モーターを最適にコントロールすることで車体姿勢の変化を抑え、快適なドライビングを提供する。さらに、モーターの駆動力やブレーキをきめ細かくコントロールすることで、高いライントレース性能を実現。滑りやすい道でもドライビングをより楽しむことができる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産グループ、医療用ガウンの生産を開始し、医療現場へ提供
  • マレリが生産・提供するフェイスシールド
  • 米日産の「日産コネクト・サービス」
  • 日産 GT-R 50 by Italdesign の市販モデル
  • BMW 6シリーズ グランツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス IS新型 予想CG
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(左)とディフェンダー(スクープ写真)

ピックアップ