マレリとXenomatiX社、次世代LiDAR開発で協業

CES 2020 《photo (c) Getty Images》
CES 2020 《photo (c) Getty Images》全 1 枚写真をすべて見る

自動車関連サプライヤーのマレリは1月7日、米国ラスベガスで開催中のCES 2020にて、True-Solid-State型LiDARのサプライヤーであるXenomatiX社と、LiDARソリューション分野での技術・商業開発で協働を開始すると発表した。

今回の合意により、XenomatiX社は、マレリの車載照明部門に対して、ADAS(先進運転支援システム)および自動運転アプリケーション向けのTrue-Solid-State型LiDARモジュールを提供する。マレリの車載照明部門とXenomatiX社は、マレリが2018年に買収したフランスのスタートアップ企業Smart Me Up社のAI知覚技術も活用し、各自動車メーカーが開発をすすめる次世代モデル未来のニーズを満たすモジュラー型LiDARシステムソリューションを提供していく。

LiDARセンサーは、ADASおよび自動運転の分野で広く用いられており、車線変更アシスト、ハイウェイパイロット、渋滞アシストなどのアプリケーションに必要不可欠。XenomatiX社は、そのTrue-Solid-State型LiDARセンサーとともに、量産用に設計された実績のある半導体技術に基づいたユニークな製品を市場に供給している。

マレリの車載照明部門の長年にわたるシステム統合、光学、電子機器、およびソフトウェア機能は、XenomatiX社の最先端のLiDARコンポーネントテクノロジーを補完。両社が開発したTrue-Solid-State型マルチビームLiDAR技術は、その際立った特徴により、ADASのさまざまな機能を実現するために不可欠な、高い信頼性と広範囲のカバレッジを実現する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • NEKO no TE
  • トヨタにとってデンソーの重要性が増してきた…関東学院大学 清名誉教授[インタビュー]
  • NEKO no TE
  • マレリが生産・提供するフェイスシールド
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ