「レベル4」自動運転を実現!アウディAI:ME に清水和夫が初試乗…CES 2020[動画]

アウディAI:ME に清水和夫が最速試乗…CES2020(動画スクリーンショット)
アウディAI:ME に清水和夫が最速試乗…CES2020(動画スクリーンショット)全 8 枚写真をすべて見る

「レベル4」自動運転に対応したアウディの大都市向けモビリティコンセプト『AI:ME』に、モータージャーナリスト清水和夫氏が初試乗!ラスベガスで1月7日に開幕したCES 2020の会場から、動画レポートが届いた。ドライバーが運転操作から解放されたとき、車内空間でどう快適に、退屈せずに過ごせるのか、清水氏が検証する。

AI:MEは、コンパクトなボディに、未来的で広々としたインテリアを備え、レベル4に対応した自動運転機能を搭載する電気自動車(EV)だ。ボディサイズは、全長4300mm、全幅1900mm、全高1520mm、ホイールベース2770mm。モーターをリアアクスルに搭載し最大出力170hpを発生。65kWhのバッテリー容量をもつ。

注目は、レベル4自動運転機能だ。高速道路や都市部の限定区域に限られるが、条件を満たしている間は完全自動運転を可能とする。レベル4状態ではハンドルが格納され、木目のテーブルがせり出し、ドライバーは運転操作から解放される。この時、ドライバーは何をするか。アウディは自動運転時の車内での過ごし方について、AI:MEでひとつの提案を投げかけている。

AI:MEの車内にはインフォテインメントシステムの映像を出力するVRゴーグルが標準装備されていて、インターネットを閲覧したり、映画を見たり、対戦ゲームを楽しむことができる。そこに自動運転時代のクルマづくりにおける「アウディならではの差別化がある」と清水氏は分析する。その真意とは…?

【自動運転技術・海外レポート】CESで見たアウディの自動運転最前線(SIP cafe onTube)

動画は清水和夫氏がマスターを務めるコミュニティサイト『SIP cafe』の公式Youtubeチャンネル『SIP cafe onTube』で公開されている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ