ホンダ N-BOX 圧勝、自己記録更新の25万3500台で5連覇…軽自動車販売 2019年車名別

ホンダN-BOX
ホンダN-BOX全 2 枚写真をすべて見る

全国軽自動車協会連合会は1月9日、2019年(1~12月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』が過去最高の25万3500台を販売し、5年連続トップとなった。

N-BOXは月間販売台数でも2017年9月から2019年10月まで26か月連続トップを記録。11月こそダイハツ『タント』に首位の座を譲ったものの、年間を通して好調な販売を持続し、前年比4.8%増の25万3500台で、V5を達成した。

2位には7月にフルモデルチェンジを行った新型タントが浮上した。2019年11月には、5年ぶりに首位を奪還するなど健闘を見せたが、年間では同28.4%増の17万5292台。首位N-BOXとは約7万8000台の差をつけられた。

2019年車名別 軽自動車販売台数ランキング

1位[1位]:ホンダN-BOX 25万3500台(4.8%増・5年連続増)
2位[4位]:ダイハツ・タント 17万5292台(28.4%増・5年ぶり増)
3位[2位]:スズキ・スペーシア 16万6389台(9.4%増・4年連続増)
4位[3位]:日産デイズ 15万7439台(11.3%増・3年連続増)
5位[5位]:ダイハツ・ムーヴ 12万2835台(9.6%減・2年連続減)
6位[7位]:ダイハツ・ミラ 9万4527台(11.9%増・3年ぶり減)
7位[6位]:スズキ・ワゴンR 9万0046台(16.6%減・2年連続減)
8位[8位]:スズキ・アルト 7万2033台(6.7%減・7年連続減)
9位[9位]:スズキ・ハスラー 5万7840台(11.4%減・5年連続減)
10位[11位]:三菱・eK 4万4883台(0.4%減・3年ぶり減)

※[]内は前年順位、()内は前年比

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ純正アルミ新シリーズ
  • ホンダN-BOX
  • ホンダ N-BOX、N-BOXカスタム
  • 今や国民車となった軽スーパーハイとワゴン5車種を比較。写真は左からスペーシアギア、ルークスハイウェイスター、eKクロススペース、N-BOXカスタム、タントカスタム
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ