ホンダ シビックタイプR 改良新型、東京オートサロン2020で初披露…2020年夏発売へ

ホンダ・シビックタイプR改良新型(東京オートサロン2020)
ホンダ・シビックタイプR改良新型(東京オートサロン2020)全 14 枚写真をすべて見る

ホンダは1月10日に幕張メッセで開幕した東京オートサロン2020で、シビックタイプRの改良新型を初公開するとともに、2020年夏から販売を開始することを明らかにした。

また同様に一部改良したシビックセダンおよびハッチバックも一般公開し、1月23日から販売を開始することも合わせて発表した。

ホンダの日本本部長を務める寺谷公良執行役員は同日、東京オートサロンのホンダーブース内で開いた報道向け説明会でシビックの一部改良について「安心安全な運転を支援するホンダセンシングの機能をさらに充実させるとともに、より洗練されたスポーツセダン、躍動感のあるスポーティハッチバックへとデザインを正常進化させた」と説明。

シビックタイプRに関しては「歴代のシビック同様、タイプRも歩みを止めない進化を目指しモデルチェンジを行う」とした上で、「サーキットにおける走りの限界性能をより高めるとともに、エンジンの冷却性能とブレーキ性能を向上させ、クルマの基本性能である走る、曲がる、止まるを中心にアップデートを行った。スポーツカーとして意のままに操ることができる喜びをさらに際立たせるとともに、よりエモーショナルで走りを強調したデザインへと進化を果たした。タイプRは今年の夏に発売を予定している」と述べた。

ホンダブースでは『S660』の一部改良モデルも公開された。寺谷執行役員は「S660はホンダのツーシーターオープンスポーツの原点である『S500』から時代を超え、2015年のデビュー以来、操る喜びのイメージリーダーとしてたくさんのクルマ好きのお客様に愛されてきた。今回のモデルチェンジではインテリア、エクステリアデザインのクオリティアップやスポーツカーらしい新色の追加などにより、さらに魅力を高めた」と解説した。

寺谷執行役員はさらに『N-ONE』の次期モデルについても言及し、「新しいN-ONEは、この秋発売に向けた準備を進めているのでご期待を頂きたい」と締めくくった。

《小松哲也》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV