ホンダ S660 改良でデザインが進化、新色アクティブグリーンパールも…東京オートサロン2020

ホンダ S660(東京オートサロン2020)
ホンダ S660(東京オートサロン2020)全 41 枚写真をすべて見る

ホンダは、2シーターオープンスポーツ『S660』をマイナーモデルチェンジして、1月10日より販売を開始した。

今回のモデルチェンジでは「デザインの深化」をコンセプトに、ボディカラー同色のフロントピラーや新デザインのアルミホイールを採用。また、国内初となる新色アクティブグリーンパールを追加するなど、デザインに磨きをかけた。インテリアでは、シート表皮アクセントの変更などに合わせ、シートヒーター追加により快適性を向上させた。

また、コンプリートカー『S660モデューロX』もマイナーモデルチェンジして、1月31日に発売する。今回のモデルチェンジではS660標準仕様のデザイン深化に合わせ、新色アルミホイールやドアミラーカバー色の変更など、魅力的なエクステリアを採用。また、上質感とスポーティーさを追求し、アルカンターラの適用部位を拡大したインテリアにより、所有する喜びを向上させた。

価格はS660は上級グレードのαが232万1000円、βが203万1700円。S660モデューロXが304万2600円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV