自動運転時代の新たなプラットフォーマーにつながるサービス…パナソニックがCES 2020で提案

パナソニックは今年もLVCC(ラスベガスコンベンションセンター)のセントラルホールに大規模出展した
パナソニックは今年もLVCC(ラスベガスコンベンションセンター)のセントラルホールに大規模出展した全 18 枚写真をすべて見る

パナソニックは世界最大級のIT家電ショー「CES 2020」に出展し、今年もLVCCのセントラルホールに大規模出展した。小型EVや電動バイクに関する取り組みなどを紹介した他、ヘッドホンなどコンシューマ寄りの製品も展示。今年は一般ユーザーにも伝わりやすい形の展示となった。

CES 2020開幕前の1月6日に開かれたプレスカンファレンスでは、世界ランク6位の空手選手である國米櫻氏による空手の「型」から始まった。というのも、パナソニックはオリンピックの公式スポンサーを務めており、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向けて新たなブランドアンバサダー4名をここで発表したのだ。

カンファレンスには、オリンピックで23個の金メダルを含む通算28個のメダルを獲得した元水泳選手のマイケル・フェルプス氏も登場。冒頭からいきなり華やいだ雰囲気でスタートした。

続いて、ディズニーパークと提携して『STAR WARS: Galaxy's Edge』をテーマにした『Millennium Falcon: Smugglers Run』と『Rise Of The Resistance』に同社のプロジェクターを提供したことも発表された。この時は、映画『STAR WARS』シリーズに登場するストームトルーパーが会場内の各所に登場し、コミカルな会話で場を盛り上げた。

今回の出展でパナソニックは、スタジアムなどで映像・音響技術による臨場感あふれる空間を提供する「Immersive Experiences」、通信・IoT技術を駆使した自動運転時代の新たなサービスを提案し、環境にやさしく安全・快適なくらしに貢献する「Smart Mobility」、人々のより良いくらしやアップデートを支えるテクノロジーで住む人に寄り添った暮らしを提案する「Intelligent Living Spaces」の3つのエリアで構成した。

その中で興味深かったのは「Smart Mobility」に出展した商用小型EVだ。小型EVベンチャーのTROPOS MOTORSとパナソニックのクラウドサービス“OneConnect”による遠隔監視技術などを組み合わせて完成させたもの。プレスカンファレンスには小型消防車に応用した例を紹介した他、会場ではさらにHUSSMANの温度管理技術を採用した小型の冷凍冷蔵EVのコンセプトモデルも出展した。その小さなスタイルは見た目にも可愛らしく、多くの人の注目を浴びていた。

また、プレゼンでは車載機器の納入にとどまらず、通信、IoT技術の分野で他社をリードするパナソニックのモビリティサービスを紹介。自動運転時代の新たなプラットフォーマーにつながるサービスを提案した。さらに、V2X(Vehicle toエブリシング)プラットフォームとして「CIRRUS by Panasonic」を活用した米国最大のインテリジェント交通データネットワークシステムを紹介した。さらに、昨年に引き続いて出展したハーレーダビットソンの電動バイク「LiveWire」向けのコネクティッドサービスの事例を紹介した。

さらに、今回のCES 2020で発表された有機ELテレビ「TX-65HZ2000」をはじめ、昨年発表したテクニクスに続く高級ワイヤレスイヤホン「RZ-S500W」などの新製品も展示していた。

《会田肇》

この記事の写真

/

ピックアップ