東京オリンピック関係者専用・優先道路を期間限定で設定へ

大会関係者専用通行帯の標識と標示
大会関係者専用通行帯の標識と標示全 2 枚写真をすべて見る

警察庁は、東京オリンピック・パラリンピック2020の円滑な運営に向けて、選手などの大会関係者専用や優先する道路を整備するため、道路標識、区画線、道路標示に関する命令の一部を改正する。

オリンピック・パラリンピック競技大会で、選手をはじめとする大会関係者を大会会場に輸送する特定の車両を対象とする専用通行帯であることを表示する規制標識と規制標示の様式を新たに規定する。

また、大会関係車両を対象とする優先通行帯であることを表示する規制標識、規制標示の様式を新たに規定する。

「歩行者横断禁止」を表示する規制標識の「横断禁止」の文字に代えて「わたるな」の文字を用いることができるようにする。

一般の意見(1月20日からパブリックコメント)を聞いた上で、7月1日に施行する。新設する規制標識などは9月30日まで期間限定で設置する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 首都高
  • 住商グローバル・ロジスティクスの「日中ルート配送から夜間ルート配送への転換」
  • 成田空港(3月26日)
  • トヨタのEV、e-Palette(東京2020仕様)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ