スバル、最も残存価値の高いブランドに認定…米『ケリー・ブルー・ブック』

スバル・アウトバック新型(北米仕様)
スバル・アウトバック新型(北米仕様)全 5 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)の米国部門は1月22日、『ケリー・ブルー・ブック』の2020年ベストリセールバリューアワードにおいて、スバルが最も残存価値の高いブランドに認定された、と発表した。

『ケリー・ブルー・ブック』は、米国の有力自動車総合サイトだ。とくに、米国の中古車相場情報の提供に関しては、豊富なノウハウを持つ。その『ケリー・ブルー・ブック』が毎年発表しているのが、ベストリセールバリューアワードだ。

ベストリセールバリューアワードは、今年で18回目。新車登録から5年後、最も高い残存価値を持つと予想されるブランドを、豊富なデータを基に選出する。なお、EV、高級車、スポーツカーなど、少量販売車は賞の対象から除外される。

また、スバルは以下の5つの車両セグメントにおいて、最高のリセールバリューを持つと認定された。

●コンパクトカー部門:インプレッサ
●中型車部門:レガシィ
●サブコンパクトSUV部門:クロストレック
●コンパクトSUV部門:フォレスター
●中型2列シートSUV部門:アウトバック

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル フォレスター
  • 『ジムカーナ』ビデオシリーズ最新作のために製作されたスバル WRX STI のワンオフモデル
  • スバル・レヴォーグ新型発表、機体積み下ろしデモ
  • スバル・レヴォーグ新型:JALとコラボ発表会
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV