FCA、フィアットやジープのレンタカーをコネクテッド化へ…スマホキーを欧州導入

フィアット 500 ハイブリッド(欧州仕様)
フィアット 500 ハイブリッド(欧州仕様)全 3 枚写真をすべて見る

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は1月23日、レンタカー大手のエイビスと提携を結び、欧州で2万台を超えるフィアット、ジープ、アルファロメオなどのFCAの各ブランドのレンタカーを、コネクテッドカーにすると発表した。

エイビスの顧客は、レンタカーの利用に関するすべての手続きを、エイビスのモバイルアプリで行えるようになる。例えば、希望する車両の選択、アップグレード、レンタル期間の延長などが、スマホを通じて可能になる。

レンタカーの返却も、コネクテッド技術で自動化される。顧客はスマホのアプリをタップするだけで、レンタカーを返却できる。車両のロックとロック解除は、スマホで行う。

また、FCAのコネクテッドレンタカーは、燃費、燃料残量、車両のメンテナンス状態などのデータを遠隔で測定し、データをリアルタイムで提供する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・グランドチェロキー(米国仕様)
  • FCAのアメリカ、オーバーンヒルズ本社
  • FCAのラムブランドの商用車
  • FCAの個人間でのカーシェア支援アプリ「I-Link」のイメージ
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ