アウディ、移動式充電コンテナ発表…電動車のバッテリーを再生

アウディの移動式充電コンテナ
アウディの移動式充電コンテナ全 2 枚写真をすべて見る

アウディ(Audi)は、スイスのダボスで21~24日に開催された「世界経済フォーラム」において、電動車の使用済みバッテリーを取り外して再生された移動式充電コンテナを初公開した。

世界経済フォーラムの会場には、この移動式充電コンテナが3個置かれた。それぞれに、使用済みバッテリーが4個使用されている。各コンテナは、出力150kWでアウディのEV『e-tron』を充電でき、合計の蓄電容量はおよそ1メガワット・アワーと大容量だ。

アウディは、スイスのエネルギー企業のABBと協力して、移動式充電コンテナを開発した。このソリューションは、とくに電力需要のピーク時に、ローカルグリッドの負担を最小限に抑えるという。また、移動式充電コンテナの電力は、100%スイスの水力発電によって賄われる。

アウディは、これらのグリーン充電ソリューションを継続的に開発していく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディQ3スポーツバック
  • アウディ e-tron スポーツバック
  • アウディのEVによる双方向充電技術の研究開発
  • アウディ e-tron S スポーツバック
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ