「運転技能向上トレーニング・アプリ」をテレマティクス自動車保険契約者へ提供 あいおいニッセイ同和損保

運転技能向上トレーニング・アプリ(画像はTV版)
運転技能向上トレーニング・アプリ(画像はTV版)全 2 枚写真をすべて見る

あいおいニッセイ同和損保は、東北大学加齢医学研究所および仙台放送と連携し、同社テレマティクス自動車保険契約者向けに、1月27日より「運転技能向上トレーニング・アプリ」の提供を開始する。

同社では、事故を起こさない契約者にも付加価値が提供できるよう、安全運転スコアに応じて保険料を割り引く「テレマティクス自動車保険」を推進。また、東北大学加齢医学研究所および仙台放送と連携し、「テレマティクス自動車保険×運転技能向上トレーニング」に関する協業取組を進めている。

今回、テレマティクス自動車保険加入者に対し、保険料割引というインセンティブに加え、運転技能を維持・向上するための「運転技能向上トレーニング・アプリ」を提供。従来のテレビ接続型ゲーム機を使用したサービスに加え、スマートフォンに対応させることで、より利用しやすい環境を提供する。

運転技能向上トレーニング・アプリは、脳トレゲームで有名な東北大学加齢医学研究所・川島隆太教授が監修した世界初の「運転技能向上トレーニング」をWebゲーム化。運転技能ゲーム3種類、脳トレゲーム3種類を収録する。同研究所は1日20分・6週間という短期間で自動車運転技能と認知力と活力が向上することを実証している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 事故解析イメージ
  • 実装実験で使われる車両。群馬大学が保有する。
  • パーソナライズド動画のイメージ
  • テレマティクス自動車保険「タフ・見守るクルマの保険プラスS」の概要
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV