ハイエース キャンピングカー専用チューニングパーツ、トイファクトリーが発売…乗り心地や安定性を向上

キャンピングカーでも走りを楽しめる「101T-SR」
キャンピングカーでも走りを楽しめる「101T-SR」全 5 枚写真をすべて見る

トイファクトリーは、トヨタ『ハイエース』ベースのキャンピングカー向けに、乗り心地や操縦安定感を向上させるオリジナルの専用パーツ「101T-SR」2商品を発売する。

元来、貨物用途のハイエースをベースとしたキャンピングカーは、普通乗用車と比べ足回りが固く、地面からの突き上げからくる乗り心地の悪さや横風などが原因のふらつきが気になった。同社ではこれらを改善し、キャンピングカーでの長旅をより安全で楽しいものにすべく、自社開発およびKYBやオーリンズといった大手メーカーと共同開発した、専用設計のチューニングパーツ「101T-SR」を展開している。

新商品「T-SRリアリーフスプリング」は、ハイエースキャンピングカー特有のリア下がりな姿勢を緩和し、ハンドリングもより軽やかになるようチューニングを施した、キャンピングカー専用設計のリアリーフスプリングだ。貨物自動車特有の後部座席における不快な突き上げ感を大幅に緩和するため、荷重変動によるタワミが一定となるリニアレートのスプリングを採用するとともに、スプリング自体の重量軽減と板間摩擦軽減のためにテーパーリーフ(TLS)仕様のスプリングを採用。これらの相乗効果により長距離移動時の疲れを軽減し、快適な乗り心地を実現する。価格は8万5800円。

「T-SRアジャスタブル・リアスタビライザー」は、直進安定性や旋回性をアップ。特に高速道路のレーンチェンジや、トンネル出口での横風によるハンドル操作性の改善に大きな役割を果たす。スタビライザー本体は軽量かつ動きのしなやかな中空仕様を採用。またスタビライザーの効き具合を3段階に調整可能とした上、設定車高による最適な取付角度が得られるターンバックル式リンクロッドも装備した。価格は7万1500円。

対応車種はともにハイエース・ワイドボディおよびスーパーロング/200系I型~現行。なお両製品は1月31日から2月2日に幕張メッセで開催される「ジャパンキャンピングカーショー2020」にて展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダンロップ SP175N
  • ECOPIA RD613
  • トヨタ ハイエース
  • 少人数制の通勤専用シャトル(イメージ)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV