フォードモーター、純利益は98%減 2019年通期決算

フォードモーターの世界本社
フォードモーターの世界本社全 1 枚写真をすべて見る

フォードモーター(Ford Motor)は2月4日、2019年通期(1~12月)の決算を発表した。

同社の発表によると、2019年通期の売上高は、1559億ドル(約17兆0665億円)。前年の1603億3800万ドルに対して、2.8%減と5年ぶりに減少した。

また、2019年通期の純利益は、4700万ドル(約51億円)にとどまった。前年の36億7700万ドルに対して、98.7%減と大幅な減益となっている。

大幅な減益となった大きな要因が、北米市場での販売の落ち込みだ。年金と労働協約の改定のための費用も、収益を圧迫する要因となった。

また、フォードモーターの2019年第4四半期(10~12月)の決算は、最終損益が16億7200万ドル(約1830億円)の赤字だった。前年同期の1億1600万ドルの赤字から、赤字幅が拡大している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルグワーナーの高出力インテグレーテッド・ドライブ・モジュール(iDM)
  • フォードモーターのハケット(中央向かって左)とファーリー(同右)
  • フォード F-150
  • フォードモーターの世界本社
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ