マクラーレンの次世代スポーツシリーズ、思わぬところで最終デザインが判明

マクラーレン スポーツシリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
マクラーレン スポーツシリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 14 枚写真をすべて見る

マクラーレンは現在、『600LT』『570S』『540C』などエントリーモデルであるスポーツシリーズの後継モデルを開発しているとみられる。そのテスト車をスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

スポーツシリーズは、2015年に第一弾となる「570S」が発表され、すでに5年が経過した。新世代スポーツシリーズへのバトンタッチが近いことは間違いない。

捉えた車両は一見「570S」のようだ。しかしよく見れば様々なカーボンファイバーコンポーネントや、センター出しのハイマウントデュアルエキゾーストシステムと、そのディティールが異なっていることに気づく。

さらにリアフェンダー付近には「MV614 HYBRID PROTOTYPE」の文字、リアクォーターウィンドウには「HYBRID」ステッカーが見てとれることから、次世代スポーツシリーズは最頂点のアルティメットシリーズ以外で最初のハイブリッドモデルとなることを意味している。

最終的なデザインのヒントは、コックピットのデジタルインストルメントクラスタにあった。拡大すると、そこにはなんと新型車のエクステリアがCGで描かれていたのだ。よく見ると『720S』からインスパイアされた特徴的なヘッドライトを持つフロントエンドに、フェンダーの間にスプリッターとベンチレーションフードを装備していることがわかる。

パワートレインは、V型6気筒ツインターボエンジン+モーター、あるいはV型8気筒ツインターボ+モーターのハイブリッドとなりそうだ。

次世代スポーツシリーズのデビューは2021年が有力だという。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV