中小トラック運送事業者のテールゲートリフター導入 国交省が支援

(イメージ)
(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は2月5日、補正予算に計上された「中小トラック運送事業者向けテールゲートリフター等導入支援事業」の申請を2月20日から受け付けると発表した。

国土交通省では、新規投資の余力がなく、経営環境が厳しい状況にある中小トラック運送事業者に、荷役時間の短縮や荷役負担の軽減につながる機器の導入費用の一部を補助する「中小トラック運送事業者向けテールゲートリフター等導入支援事業」を実施する。

機器導入を促進することで、労働生産性の向上や多様な人材の確保を図り、中小トラック運送事業者の働き方改革を支援する。

募集期間は3月12日まで。支援の対象となる機器はトラック車両後部に装着する昇降機であるテールゲートリフター、トラック車両の荷台に装着する移動式クレーン、トラック車両内部に設置する2段積の組立用デッキ。

予算額は1億円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • 来年度予算は災害対策とコロナ関連の施策を強化…国土交通省 自動車局 総務課 企画官 齋藤喬氏[インタビュー]
  • (イメージ)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV