FCA世界販売、日本のジープは16.8%増 2019年

ジープ・ラングラー(米国仕様)
ジープ・ラングラー(米国仕様)全 3 枚写真をすべて見る

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は、2019年の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は441万8000台。前年比は9%減とマイナスに転じた。

市場別実績は、北米が240万1000台にとどまった、前年比は9%減と後退した。米国市場では、ジープブランドの新型ピックアップトラックの『グラディエーター』、ラムブランドの主力ピックアップトラックのラム『1500』が販売を伸ばした。

南米は57万7000台を出荷し、前年比は横ばい。ブラジルでの新車販売は好調だったが、アルゼンチンなどの市場が落ち込んだ。

アジア太平洋地域は、14万9000台を出荷した。前年比は29%減と、2桁の落ち込みが続く。中国市場での販売が落ち込んだ。そんな中、ジープ『ラングラー』の販売が好調だった。

また、ジープブランドの2019年の日本における新車販売台数は、1万3354台。前年比は16.8%増と、2桁増を達成している。

欧州および中東、アフリカは2019年、127万2000台を出荷した。前年比は8%減と、2年連続のマイナスとなっている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・グランドチェロキー(米国仕様)
  • FCAのアメリカ、オーバーンヒルズ本社
  • FCAのラムブランドの商用車
  • FCAの個人間でのカーシェア支援アプリ「I-Link」のイメージ
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ