【ホンダ フィット 新型】4代目は「心地よさ」を追求 価格は155万7600円より[訂正]

ホンダ フィット e:HEV ホーム(プレミアムサンライトホワイト・パール)
ホンダ フィット e:HEV ホーム(プレミアムサンライトホワイト・パール)全 20 枚写真をすべて見る

ホンダは、コンパクトカー『フィット』を7年ぶりにフルモデルチェンジし、2月14日より販売を開始する。

4代目となる新型フィットは、歴代モデルの優れた性能や、クラスを超えた室内空間・ユーティリティの高さなどを継承しつつ、より満足度の高いクルマへと生まれ変わることを目指して開発。クルマでの移動で求められる「心地よさ」を新たな提供価値として掲げ、ホンダ独創の技術を織り込むことで、4つの「心地よさ」を具現化した。

まず、断面構造を変えることで、フロントピラーは従来の半分以下の厚さにするとともに、十分な衝突安全性能も確保。水平・直線基調のインストルメントパネルやシンプルで見やすいバイザーレスメーターの採用などと合わせて、安心感のある「心地よい視界」を実現した。

フロントシートには骨盤から腰椎までを樹脂製マットで支え、座った瞬間に心地よさが感じられるボディスタビライジングシートをホンダとして初めて採用した。リアシートには、大人がゆったりと座れる厚みのあるやわらかなパッドを採用。前後席ともに長距離ドライブでも疲れにくい快適な「座り心地」を実現している。

パワートレーンには、2モーターならではの力強い加速と滑らかな走りを実現するホンダ独創のハイブリッドシステム「e:HEV」をコンパクトカーとして初搭載。優れた燃費性能だけでなく、走る楽しさを両立している。また、軽量化・高剛性化・高強度化を徹底したボディや、衝撃を素早く吸収して路面をしっかりととらえるサスペンションなどと合わせて、快適な「乗り心地」を提供する。

歴代フィット同様の広い室内空間や多彩なシートアレンジは継承しつつ、気軽にかばんなどを置けるテーブルコンソールをフロントシートの間に設置するとともに、収納レイアウトについても視線・動線を考え抜いて配置。ハイブリッド車でもIPU(インテリジェントパワーユニット)の小型化により荷室容量を確保し、快適な移動をサポートする「使い心地」を提供する。

タイプ設定は、装備などの違いではなく、ユーザーのライフスタイルやライフステージに合わせて選択できる5種類を用意した。シンプルで自分らしさが光る「BASIC(ベーシック)」、生活になじむデザインと快適性を備えた「HOME(ホーム)」、毎日をアクティブに過ごしたい人のための「NESS(ネス)」、週末に出かけたくなるエンジョイライフに応える「CROSSTAR(クロスター)」、洗練と上質を兼ね備えたスタイリッシュな「LUXE(リュクス)」から、最適なフィットを選ぶことができる。

先進安全装備ではホンダセンシングを強化し、車両前後に装着された計8つのソナーセンサーと合わせて、前方を広角に検知するフロントワイドビューカメラを初搭載。「衝突軽減ブレーキ<CMBS>」や「誤発進抑制機能」など、8つの機能に加えて、後方誤発進抑制機能やオートハイビーム、ホンダ初となる近距離衝突軽減ブレーキを装備している。

また、ホンダ車専用車載通信モジュール「ホンダコネクト」を日本初搭載するとともに、カーライフをより安心、快適にするコネクテッドサービス「ホンダ トータルケア プレミアム」を開始。エアバッグ展開時自動通報やトラブルサポートボタンといった緊急サポートに加え、エアコンやドアロックのリモート操作を月額550円(初回申込月の翌月1日から起算し、12か月後の月末まで無料)で提供する。

ボディカラーは2トーン15色を含む全25色を設定。価格は155万7600円から253万6600円。

<おわび> 当初、ホンダ トータルケア プレミアムについて、「初回申込から12か月間無料」と記載していましたが、正しくは「初回申込月の翌月1日から起算し、12か月後の月末まで無料」でした。訂正・再出力しました。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ