キャンピングカーを気軽に体験 「シェアキャンパー」が2月20日に開始 

シェアキャンパー
シェアキャンパー全 3 枚写真をすべて見る

トイファクトリー東京(東京都町田市)は、キャンピングカーレンタルサービス「シェアキャンパー」を2月20日より開始する。

昨今の車中泊ブームで需要が拡大しているキャンピングカーだが、高額な車両価格や居住スペース重視の大きなボディサイズがネック。購入検討者からは「キャンピングカーの取り回しや使い勝手を体験したい」という声がよく聞かれる。

今回開始するシェアキャンパーは、ウェブ予約サイト「CapuCa(カプカ)」で申し込みを行い、店頭で引渡しおよび返却を行う、気軽にキャンピングカーを体験できるサービス。レンタル車両は、初めての人でも安心して利用できるミニバンサイズのキャンピングカーを中心に、アルパインのナビ・AV機器とベッドキットを搭載した「アルパインスタイル」車両もラインアップする。

トイファクトリー東京は、東急田園都市線の南町田グランベリーパーク駅に直結した施設内に立地。パーク内には食料品や衣料品、アウトドア専門店等も多数出店しており、電車で来店して旅行に必要な買い出しを行い、そのまま出発することもできる。また、車での来店も東名横浜町田ICより5分の場所に位置し、遠方からの来店でも安心だ。

レンタル料金(24時間)は「ハイエース・キャンパー」が1万9000円より、アルパインスタイル「ハイエース/ノア」は1万7000円より。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ハイエース
  • 尾州織物・東濃ヒノキ・美濃焼。トイファクトリーの地元の風土が作るくつろぎの空間「Casa Home Style Edition」
  • キャンピングカーでも走りを楽しめる「101T-SR」
  • ヘルスケアモビリティと、左からフィリップス・ジャパンの堤浩幸社長、モネ・テクノロジーズの宮川潤一社長、伊那市の白鳥孝市長
  • メルセデス AMG E63 ステーションワゴン新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GT 73 開発車両
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)

ピックアップ