ブリヂストン、販売減や為替の影響で4期連続営業減益 2019年12月期決算

エコピアEP150(155/65R14 75S)
エコピアEP150(155/65R14 75S)全 1 枚写真をすべて見る

ブリヂストンは2月17日、2019年12月期(1月~12月)の連結決算を発表。海外市場でのタイヤ販売不振などで、営業利益は4期連続の減益となった。

売上高は前年同期比3.4%減の3兆5256億円。日本では、乗用車・小型トラック用タイヤ(PSR)およびトラックバス用タイヤ(TBR)の販売本数は前年並に推移したものの、北米や欧州、中国などで前年を下回った。特殊タイヤについては、建設・鉱山車両用超大型・大型ラジアルタイヤの販売本数は前年並に推移した。

タイヤの販売数量の減少や、それに伴う加工費悪化、さらに為替が減益要因となり、また、多角化部門でも売上高、営業利益ともに、昨年を下回ったことから、営業利益は同19.0%減の3260億円と、4期連続の減益。経常利益も同16.9%減の3168億円。純利益は同0.3%増の2925億円だった。

今期の業績見通しは、売上高3兆5500億円(前期比1.2%増)、営業利益3600億円(同4.7%増)、純利益2300億円(同3.9%減)とした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブリヂストンECOPIA EP150
  • POTENZA RE-71RSを装着しテストドライブする86
  • ブリヂストン GREATEC M829
  • ブリヂストン M888
  • スズキ ジムニー スポーツライン ブラック エディション
  • シトロエン C4 カクタス 後継モデル 開発車両(スクープ写真)
  • ヴァルド インターナショナル トヨタハイラックス ブラックバイソン
  • トヨタ 新型コンパクトSUV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ