ボルボの新車販売、9%がサブスク「SMAVO」を利用…若いユーザーが支持

ボルボのSUVシリーズ
ボルボのSUVシリーズ全 3 枚写真をすべて見る

ボルボ・カー・ジャパンは、サブスクリプションプラン「SMAVO(スマボ)」シリーズについて、1月の契約実績が新車販売の約9%を占めたと発表した。

SMAVO(スマボ)とは「“スマ"ートに“ボ"ルボに乗れる」をコンセプトにした、ボルボ車を月々定額で利用できるボルボのサブスクリプションプランの総称。対応車種を2020年1月より全車種(『V40』シリーズ除く)に拡大した。

3年契約で2年後から乗り換え可能な「SMAVO 2/3(にいさん)」、5年契約で3年後から乗り換え可能な「SMAVO 3/5(さんごう)」の契約者は、30~40代が約4割、個人による契約比率が約7割。既存リース商品と比べ個人比率が高く、ボルボ全購入者の平均年齢より若い顧客からの支持を得ている。

また同社は、ボルボ認定中古車「SELEKT(セレクト)」を対象とした「SELEKT SMAVO」を2018年2月より開始。今回、適用する車両の条件を緩和することでより手頃な価格で利用できるようになった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルボ S60 T8 Polestar Engineered
  • ボルボカーズの主力車
  • ボルボカーズのスウェーデン・トースランダ工場
  • 日産自動車のスペイン、バルセロナ工場
  • ヴァルド インターナショナル トヨタハイラックス ブラックバイソン
  • トヨタ 新型コンパクトSUV 開発車両(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 パジェロ がPHEVで復活!? 画像は予想CG

ピックアップ