三井住友海上と未来シェア、スマートモビリティ分野で提携

未来シェアが事業展開している「SAVS」のイメージ
未来シェアが事業展開している「SAVS」のイメージ全 1 枚写真をすべて見る

三井住友海上火災保険は2月19日、公立はこだて未来大学発のAI(人工知能)スタートアップである未来シェアとスマートモビリティ分野で業務提携することで合意したと発表した。

今回の提携で三井住友海上は保険商品、サービスの提供を通じて未来シェアによるスマートモビリティサービスの普及に向けた取り組みをサポートし、地域交通課題の解決に貢献していく。

三井住友海上は未来シェアのオンデマンドでリアルタイムに乗合車両を配車・ルートを決定するサービス「SAVS」を活用した相乗りタクシーなど、モビリティサービスの実証に貢献するため、サービスの特徴を踏まえた商品・サービスを提供する。

未来シェアは「SAVS」に関するデータや実証実験に関する情報を三井住友海上に提供する。両社は、地域交通課題やその他の社会的課題の解決に資する新たなモビリティサービスを共同で検討・企画し、実証を目指す。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2019年1月に「ドラレコ型」を初めて契約した場合の保険料例
  • Uber Eats
  • AI査定の業務フローイメージ
  • 個人間カーシェアと保険のイメージ
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ