ボルグワーナー、スマートスターター納入へ…新型トラック向け

ボルグワーナーのスマートスターター
ボルグワーナーのスマートスターター全 1 枚写真をすべて見る

ボルグワーナー(BorgWarner)は、大手商用車メーカーの新型トラック向けに、「スマートスターター」を納入すると発表した。

このスマートスターターには、「DelcoRemy38MT」と「DelcoRemy39MT」の2種類がある。複数のトラックを保有する企業向けに開発され、過酷な使用条件下でも、トラックの故障による稼働率が低下するのを防止するのが狙いだ。また、スターターの寿命も伸びるという。

スマートスターターは、スマート IMS(統合磁気スイッチ)とオーバークランク保護テクノロジーの組み合わせにより、スターター関連のメンテナンスを削減する。また、スターターを初期の故障から保護し、スターターの耐久性と信頼性を高める。

スマートIMSは、電圧降下を低減することで、オペレーターまたはシステムエラーによる潜在的な損傷から、スターターを保護する6つの電子機能を備えている。この2つのテクノロジーを組み合わせることで、最高レベルのスターター保護性能を実現しているという。

ボルグワーナーは、2つのテクノロジーが過度のクランキング、低バッテリー電圧クランキング、高い回路制御抵抗などから、スターターを保護する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV