ジョルダン、関西地域でも MaaS 事業を本格展開---大阪・関西万博を見据えて

大阪市街
大阪市街全 2 枚写真をすべて見る

ジョルダンは2月21日、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の積極的展開と大阪・関西万博の需要を見込み、関西支社に「関西営業部」を設けて関西地区で本格的にビジネスの展開を開始すると発表した。

ジョルダンでは、乗換案内事業の法人部門は順調に成長しており、売上・顧客数ともに増加している。同社では2018年、本格的にMaaS市場に参入し、幅広い事業者とのビジネスが増加している。

今回、関西地区での需要が見込まれることから、新たに関西営業部を設置し、西日本を拠点とした営業活動を強化する。2025年開催の日本国際博覧会(大阪・関西万博)に向けて、これまでに培ったノウハウをベースに、関西地区の各企業とのコラボレーションを推進し、従来のビジネスにない価値を創造することにチャレンジする。

関西営業部の立ち上げに伴って西日本における優秀な人材を積極的に採用して人員の強化を図る。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 実証実験で活用する移動診療車
  • 叡山電車
  • ANA空港アクセスナビとJR九州インターネット列車予約の連携イメージ
  • 東武バス
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV