メルセデスベンツ C180 のカタログ燃費を修正

メルセデスベンツC180クーペ
メルセデスベンツC180クーペ全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は2月25日、メルセデス・ベンツ日本が2019年10月30日から登録開始したメルセデスベンツ『C180』の燃料消費率の諸元値(カタログ値)について、型式指定の申請時に誤った数値を提出したとの報告を受けたと発表した。

「C180」(セダン)や「C180ステーションワゴン」、「C180クーペ」など、6型式で、これまで754台が登録された。国土交通省では同社に対して、ユーザーへの周知徹底と真摯に対応するよう指導するとともに、再発防止策を図るよう指導した。

同社によると、依頼した外国の公的試験機関(スペイン、Applus+IDIADA)が燃料消費率を算出する過程で、人為的ミスにより入力データを誤るとともに、同社がデータの確認を怠ったことから、実際の燃料消費率より高い燃料消費率の値が申請されたとしている。

同社では燃料消費率の諸元値の修正を届け出た。国土交通省は同社に対して、申請前にデータの精査を徹底するよう指示した。これを受けて同社は、申請前にデータをシステム的に確認するプロセスを導入するよう改善するとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 改善箇所
  • メルセデスベンツ Cクラス 改良新型
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ