バリアフリーマップ作成、市町村の参考となるマニュアル策定へ 国交省

(イメージ)
(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、市町村にとって参考となる「バリアフリーマップ」作成に関するマニュアル案を検討すると発表した。

2018年5月に成立した改正バリアフリー法での移動等円滑化促進方針制度及び基本構想制度で、市町村はバリアフリーマップ作成に関する事項を定めることができるとされた。

これを受けて、2019年8月1日に開催した1回目の検討会では市町村によるバリアフリー情報の収集・整理・提供のあり方やバリアフリーマップの作成実態を把握するために実施するアンケート調査の方針について意見交換。11月の2回目の検討会では、アンケート調査結果の報告とバリアフリーマップ作成マニュアルの策定に向けた意見交換を行った。

2月27日に行われる3回目の検討会では、前回までの調査内容や意見などを踏まえ、バリアフリーマップ作成に関するマニュアルのとりまとめに向けて議論する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 人吉市内での復旧作業(7月30日)
  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ