フォルシア、現代のFCトラックへ水素貯蔵システムを供給

フォルシア(ロゴ)
フォルシア(ロゴ)全 1 枚写真をすべて見る

自動車部品大手の仏フォルシアは、現代自動車から燃料電池自動車(FCV)水素貯蔵システムの大型契約を受注したと発表した。

フォルシアは、1万基の水素タンクを含む水素貯蔵システム全体を現代自動車へ供給する。システムは仏バヴァンにある水素貯蔵システム専門のグローバルCoE(Center of Expertise)で生産し、2021年に納入を開始する予定だ。4年間で現代の大型トラック約1600台に貯蔵システムを供給し、これらのトラックはその後、現代自動車がH2 Energyとスイスに設立した合弁会社に納入される。

フォルシアのパトリック・コラーCEOは「FCV技術は今後10~15年以内に、特に商用車のパワートレインミックスで重要になっていく。フォルシアはパワートレインミックスの展開を加速させるため、この技術がもつ可能性の最適化、クラス最高のエコシステムの構築に莫大なリソースを投じている。航続距離に優れた水素燃料電池システムを提供することを目的にミシュランと合弁会社を設立したことに続き、今回の受注は、燃料電池システムのリーダーを目指す同社の目標達成に大きく前進するものだ」とコメントしている。

FCVは、バッテリー式電気自動車を補完する魅力的な代替技術として注目を集めている。FCトラックは排気ガスゼロであると同時に、航続距離と燃料補充時間はディーゼル車に匹敵。2030年までに、35万台の商用車を含む200万台の新車が燃料電池技術を搭載すると見込まれている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV