ピニンファリーナ創業90周年記念車、バッティスタ がベース…ジュネーブモーターショー2020[中止]発表予定

ピニンファリーナ創業90周年記念車のバッティスタ・アニヴェルサーリオのティザーイメージ
ピニンファリーナ創業90周年記念車のバッティスタ・アニヴェルサーリオのティザーイメージ全 5 枚写真をすべて見る

アウトモビリ・ピニンファリーナは、3月3日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー2020において、ピニンファリーナの創業90周年記念車の『バッティスタ・アニヴェルサーリオ』(Automobili Pininfarina Battista Anniversario)を初公開すると発表した。

中止> ジュネーブモーターショー2020は2月28日に開催中止が発表されました。この記事は中止決定前の情報です。業界動向の参考資料としてお読みください。(編集部)

アウトモビリ・ピニンファリーナは、イタリアのデザイン工房、ピニンファリーナの親会社であるインドの大手自動車メーカーのマヒンドラ&マヒンドラ(マヒンドラ)が立ち上げた新ブランドだ。

その最初の市販車が、EVハイパーカーの『バッティスタ』だ。バッティスタとは、ピニンファリーナの創設者のバッティスタ・ファリーナ(Battista Farina)氏に敬意を表すネーミングとなる。

アウトモビリ・ピニンファリーナは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2020において、ピニンファリーナの創業90周年記念車のバッティスタ・アニヴェルサーリオを初公開する。EVハイパーカーのバッティスタをベースに、創業90周年モデルにふさわしい特別装備が盛り込まれる予定だ。なお、アウトモビリ・ピニンファリーナは、同車のティザーイメージを2点配信している。

バッティスタのEVパワートレインは、4個のモーターを搭載し、合計で最大出力1900hp、最大トルク234.5kgmを引き出す。パワフルなモーターが4輪を駆動し、0~100km/h加速2秒以内、0~300km/h加速12秒以内の性能を発揮する。最高速は350km/hオーバーだ。リチウムイオンバッテリーはセンタートンネルとシート後方に、T字型にレイアウトされ、蓄電容量は120kWh。1回の充電での航続は、およそ450kmの性能を備えている。

動物・ペットのリアルを伝える新メディア 「REANIMAL」(リアニマル)

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウトモビリ・ピニンファリーナ・バッティスタ・アニヴェルサーリオ
  • ピニンファリーナの次世代デジタルコックピット「AutonoMIA」
  • アウトモビリ・ピニンファリーナ・バッティスタ・アニヴェルサーリオ
  • ピニンファリーナの創業90周年の記念ロゴ
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ