スマートインターチェンジの整備目標3年先送り 進捗遅れ

(イメージ)
(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

NEXCO東日本など、高速道路各社は2日、スマートインターチェンジの整備の進捗状況を踏まえ、高速道路利便増進事業で実施するスマートインターチェンジの整備目標を修正すると発表した。

高速道路利便増進事業に関する計画を見直し、スマートインターチェンジ整備事業の整備目標として2024年3月31日までに、全国で79カ所を整備する計画とする。整備目標は当初、2021年3月までに79カ所としていたが、整備の進捗状況が遅れていることから目標を修正する。

この案に関して一般からの意見を3月2日から3月6日までホームページまたは郵送で募集する。集まった意見を検討した後、国土交通大臣へ目標修正に向けて協議の手続きに着手する。

動物・ペットのリアルを伝える新メディア 「REANIMAL」(リアニマル)

《レスポンス編集部》

【画像】スマートインターチェンジの整備目標3年先送り 進捗遅れ(1枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの大型ピックアップ、新型が9月19日米デビューへ
  2. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  3. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  4. マツダ CX-5 改良新型、表情一新…米国で先行発表
  5. スズキ ジムニー&ジムニーシエラ 一部仕様変更…オートライトシステム標準化など
  6. 日野プロフィア、3万4000台をリコール 異常燃焼発生で走行不能
  7. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  8. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  9. 【BMW アルピナ B3 新型試乗】遊びよりも安定性を最優先した走り…渡辺陽一郎
  10. ジープ初のピックアップトラック『グラディエーター』日本導入決定
ランキングをもっと見る