スマートインターチェンジの整備目標3年先送り 進捗遅れ

(イメージ)
(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

NEXCO東日本など、高速道路各社は2日、スマートインターチェンジの整備の進捗状況を踏まえ、高速道路利便増進事業で実施するスマートインターチェンジの整備目標を修正すると発表した。

高速道路利便増進事業に関する計画を見直し、スマートインターチェンジ整備事業の整備目標として2024年3月31日までに、全国で79カ所を整備する計画とする。整備目標は当初、2021年3月までに79カ所としていたが、整備の進捗状況が遅れていることから目標を修正する。

この案に関して一般からの意見を3月2日から3月6日までホームページまたは郵送で募集する。集まった意見を検討した後、国土交通大臣へ目標修正に向けて協議の手続きに着手する。

動物・ペットのリアルを伝える新メディア 「REANIMAL」(リアニマル)

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 平泉スマートインターチェンジの位置図
  • 交通管理隊フィギュア(落下物つき)
  • (イメージ)
  • 東名高速道
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ