プジョー 208 新型、欧州カーオブザイヤー2020を受賞…上位3車種はEVに

欧州カーオブザイヤー2020を受賞したプジョー 208 新型
欧州カーオブザイヤー2020を受賞したプジョー 208 新型全 10 枚写真をすべて見る

欧州カーオブザイヤー主催団体は3月2日、新型プジョー『208』(Peugeot 208)に、「欧州カーオブザイヤー2020」を授与すると発表した。

欧州カーオブザイヤーは、今回で33度目を数える。欧州の20か国以上、約60名のジャーナリストが、欧州市場で2019年に発売された新型車の中から、ベストな1台を選出する。

欧州カーオブザイヤー2020の投票結果は以下の通り。

●プジョー208(281点)
●テスラ・モデル3(242点)
●ポルシェ・タイカン(222点)
●ルノー・クリオ(211点)
●フォード・プーマ(209点)
●トヨタ・カローラ(152点)
●BMW 1シリーズ(133点)

プジョー『208』新型が、欧州カーオブザイヤー2020を受賞した。プジョー208新型には、初のEVとして、『e-208』をラインナップする。欧州カーオブザイヤー2020に輝いた新型プジョー208を含めて、2位のテスラ『モデル3』、3位のポルシェ『タイカン』と、上位3車種はEVだった。

欧州カーオブザイヤーは前回、最終選考でジャガー『I-PACE』とアルピーヌ『A110』が、250点で並ぶという激戦に。そのため、最高評価の満点をつけた審査員の人数(ジャガーI-PACEが18名、アルピーヌA110が16名)により、ジャガーI-PACEが欧州カーオブザイヤー2019に選出されている。

動物・ペットのリアルを伝える新メディア 「REANIMAL」(リアニマル)

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ