【IAAE 2020】2021年3月17-19日に開催延期、新型コロナウイルス感染拡大影響

国際オートアフターマーケットEXPO
国際オートアフターマーケットEXPO全 2 枚写真をすべて見る

国際オートアフターマーケットEXPO実行委員会は、3月11~13日に東京ビッグサイトで開催を予定していた「第18回国際オートアフターマーケットEXPO」(IAAE)を2021年3月17~19日に延期すると発表した。

IAAEは、自動車の売買、整備、メンテナンスをはじめ自動車を取り巻く環境・インフラなど、様々な自動車アフターマーケットに関する情報・動向について、展示・実演セミナーなどにより情報を発信し、ビジネス交流の場を創出するコンベンションだ。

実行委員会は2月26日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を受けて、安倍総理大臣の「大規模イベントの開催の中止か延期の要請の考え」の表明を受けて延期を決定。会期・会場に関して調整を続けてきた。

しかし、オリンピック開催の影響もあり延期後の会場が現状では確保できない状況であり、また新型コロナウイルスの感染収束の見込みが立たない状況を鑑みて、2020年の開催を断念し、2021年3月17~19日に延期することを発表した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ谷本敦彦氏×夏野剛選考委員長「MaaSアワード大賞」受賞記念対談
  • MaaSアワード2020、大賞のダイハツ工業
  • KeePer技研(IAAE 2019)
  • MaaSアワード2020
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV