ヤマハ テネレ700、ローシート仕様も発売…約38mmローダウン

ヤマハ テネレ700 ABS ロー
ヤマハ テネレ700 ABS ロー全 4 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機販売は、新型アドベンチャーモデル『テネレ700 ABS』の発売にあわせ、シート高を約38mm下げた「テネレ700 ABS ロー」をヤマハモーターサイクル エクスクルーシブモデルとして6月5日より発売する。

テネレ700 ABSは、オフロードの走破性とツーリングでのユーティリティ性を高次元でバランスさせたアドベンチャーモデル。ライディングポジションの自由度や走破性を高めるためシート高が875mmと高く、より安心して乗車できるテネレ700 ABS ローを設定した。

テネレ700 ABS ローは、シート高を約20mm下げるローシートと、リアサスペンションのリンク長変更でシート高を約18mm下げるローダウンリンクキットを装備。あわせて約38mmのローシート化により、シート高を約837mmを実現する。

カラーはマットダークグレー、ホワイト、マットブラックの3色を設定。価格は標準モデルと同じく126万5000円。YSPおよびアドバンスディーラーのみでの販売となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS
  • ヤマハ トリシティ300 ABS
  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R

ピックアップ